ホーム > 企業情報 > 會社情報

商工業情報

社 名北京発展大廈有限公司
類 型有限責任公司(法人獨資)
住 所北京市朝陽區東三環北路5號

會社概要

北京発展大廈有限公司は野村?中國投資株式會社と北京首都開発股份有限公司により1986年10月に設立された日中合弁會社でした。2018年3月から、會社持分譲渡により、北京首都開発股份有限公司が獨自出資の子會社となっています。設立以來、日中雙方は常に信頼し合い、良好な協力関係を保ちながら、「高い理想を求め、共に発展する」との経営方針の下、「安全、安心、快適」のサービス精神を徹底し、30年間以上に渡り、様々な困難を乗り越え、今日の誇るべき実績を築いて參りました。

パートナー

出資者
北京首都開発股份有限公司 100%
野村?中國投資株式會社
(1986.10-2018.3 出資50%)
技術顧問
野村ビルマネジメント株式會社
中國建築科學研究院
(現:野村不動産パートナーズ株式會社)
設計會社
株式會社大林組東京本社
野村不動産株式會社
北京市建築設計院
施工會社
北京市第五建築工程公司
北京市設備安裝工程公司
北京市機械施工公司

1987年4月15日、元北京市副市長張百発氏と元在中日本大使橋本恕氏が共に北京発展大廈の著工式典に參加。

1991年10月31日、元中國人民代表大會委員會委員長萬里氏、元中國共産黨中央政治局常務委員?全國政治協商會議主席李瑞環氏が北京発展大廈を視察。當時の北京発展大廈有限公司董事長許昌煜氏が案內。

開業20周年記念式

開業25周年董事會記念寫真

エンブレム

1989年、株式會社大林組と北京建築設計科學研究院のデザインナーたちの協力により、ビルのエンブレムを作成、企業ロゴとして今日まで引き継がれています。下部に位置する三角形はビルの平面形狀を表現し、上部の矢尻の形狀には、會社の持続的な成長、発展、そして未來へと続く素晴らしい日中友好関係への思いが込められています。